チーム・マネジメント

チームマネジメント、人間-機械システム、そしてヒューマンファクターズを考える

最前線であり、付加価値を生み出している場所 【現場】

 価値や成果を生み出している場所は「現場」です。日本語の「現場」を端的に表している英語はないかもしれません。"Field"や"Site"なども場所の意味しか表していません。最前線(Front Line)は現場の意味合いが若干含まれています。現場という考え方が日本独自なのかもしれません。

 日本では現場の力が強く、今日までの発展に貢献してきたことに間違いはありません。私も現場の人間ですが、現場が強すぎたから、失われた数十年と呼ばれる低成長・衰退、日本を支えてきた企業の没落にも現れているのかもしれません。もう一度、現場について問い直してみました。

 「現場論」の著者 遠藤 功さんは現場というものを以下の4点にまとめています。

[現場の概念]現場とは「これまで」と「これから」の間の「いま・ここ」である
現場は固定的、断面的なものではなく、流動的、連続的な「生き物」だ。過去から未来に向かって進行する中の「いま・ここ」が現場である。「いま・ここ」を生きるというのは、刹那的に生きるということではない。未来に向かって「いま」を懸命に生きるということだ。現場は「いま」に立脚しながら未来を見据え、未来を創造する場所にほかならない。

[現場の目的]現場は価値創造を実行するために存在する
企業の現場は目的性をもって存在する。その目的とは戦略の「実行」であり、価値を創造することにほかならない(「価値創造主体」としての現場)。「夢を形にする」当事者こそが現場である。

[現場の役割]現場は価値創造に必要な業務を日々遂行し、人材を育てる
「価値創造主体」としての現場は、「業務遂行主体」「人材育成主体」という2つの「顔」をもっている。戦略実行のための業務を日々遂行し、さらには企業にとって必要な人材を育て、鍛え上げる役割を担っているのが現場である。

[現場の特性]現場には「可能性」と「リスク」の両方が存在する
「夢を形にする」役割を担う現場は大きな「可能性」を秘めている一方で、「業務の固まり」という特性から派生する「刹那的な達成感」や、「人の固まり」という特性から派生する「現場モンロー主義」という、企業経営にとっての「リスク」も抱えている。

 現場は、日々変わっていく存在であり、共有した目標に向かって価値を創造していく存在でもあります。現場では様々な問題が持ち上がります。予測していなかったことも多く(準備不足かもしれません)、その場その場で即興的に対応しなければなりません。対応できる柔軟性があることは強みです。そのため、現場とチームの親和性は高いです。

 あらためて気づかされたのは人を育てる機能です。業務を通じて後輩を鍛える重要さは理解しており、知識や情報だけでは何も生み出せず、それを実際の作業に活用して、本質的な付加価値を生み出すことができます。その実務によって、人は経験を積み、成長することができます。正にその仕組みを現場が持っています。

 負の面として、現場が生み出す目の前の達成感によって、環境が変化しているのに正しい仕事をしているとの錯覚を生じさせます。長い間に成果を上げてきた組織ならば、持ち場の作業をこなせばよいとの思考停止に陥ります。誤ったことや安全を逸脱した行為が日常となり、大きな問題に発展する芽を抱えることになります。そのことは集団思考で述べた点です(以前の記事)。

 

 現場という言葉が、何時から使われ、その語源は確認できませんでした。ただし、職人の世界から生み出されたと想像できます。無から有(すなわち 価値)を生み出す技能を保持した人々が、徒弟制度を通じて、実務を通じて技能を世代から世代へと受け継ぎ、閉じられた組合が組織されました。中世の欧州ではギルド(Guild)と呼ばれました。

 近代工業の発達に伴って欧州ではギルドが衰退しました。日本では現場へ引き継がれ、モノづくりの原動力となったと考えられます。ただし、職人の技能で暗黙知以前の記事)の部分は引き継がれなかったため、釘を使わない組み木の技、正宗と刻印された名刀、ストラディヴァリウス (Stradivari)のヴァイオリンなどは再現できません。

 

 工業化、機械化、自動化、そして人工知能の応用によって、そもそも現場が置かれる場所(Location)が変わり、コンピュータ内の仮想空間に一部はなっているのかもしれません。モノづくりの現場も衰退しており、日本でしか作れないものも少なくなり、日本の強みは失われているのが現実です。スイス製時計の事例を通して、高品質安価な日本製時計に押されて、スイス製時計の売り上げが大きく低下しました。有名ブランドを持つスイス企業は、安価な時計は作らず、機械に頼らず手で組み立て高品質・高価格の時計を製造してきました。クルマの値段くらいに匹敵しますから、点検・整備プログラムも用意されており、熟練した技術者を保有しています。

 そのような変革は、現場のみでは変化できないと思われます。目の前の作業に追われて現場の視野は狭くなっているし、長期的な視点で展望を描くことはできないです。現場が衰退していくと、コスト削減という名で人員削減が行われます。一人抜け二人抜けと、最低限の人数で業務が回るまで、そして残った人員が大幅な残業を強いられます。これまでの考察からも分かるように、現場から人材を育成する機能が失われ、現場で蓄積してきた暗黙知も消失していきます。

 

 現場の強さそして半面の脆さが見えてきました。現場は内部から生まれ変わることはできません。組織としての現場は保身に走り、現場の長は現場を支えてきてくれた人々を裏切るわけにはいきません。外部環境の変化に伴って状況が悪化し、閉塞感に襲われます。そこで日本独自の「黒船待望論」が生まれてきます。外圧によって変えてもらおうとすることです。

 外圧に頼らずに権限を用いて、組織のトップダウンで意思決定ができれば良いのですが、少し前まで電子立国を支えてきた企業の変質を聞くと、集団思考そして現場の弊害が顧みられます。創業者が経営しているならばトップダウンによる変革は可能なのかも知れません。その時こそリーダーシップによるトップダウンが必要とする場面かもしれませんが、その方針に生活が掛かっている人々が従うことができるのかはリーダーを信頼しているかにかかります。
 
 現場について問題提起はできました。自らの現場も顧みて再度認識できたことは多くありました。現場の機能を残したまま、他の業務に移行して、現場の発展を維持することができるのか? その問に対して、明確な答えはなく、引き続きに考察していきます。ヒントの一つとして、京セラ名誉会長 稲盛 和夫さんが考案したアメーバ経営が参考になるかもしれません。組織をアメーバ(ameba)のように小集団に分割して、分裂・統合を進めていけば、変化に対応できる現場を築けるかもしれません。
 
jsc2016e089486
 
参考文献
  1. 現場論: 「非凡な現場」をつくる論理と実践
  2. クラフツマン: 作ることは考えることである (単行本)
  3. ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉
  4. 結果を出すリーダーはみな非情である
  5. 「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方
  6. アメーバ経営の進化

現代のシステムに必要なリソースは? 生命維持には? 【電力】

 自然を満喫するためにキャンプに出かけようとして何を携帯していきますか? せっかくオフラインになれる機会ですが、スマートフォンを家に置いておくことはないかもしれません。電池性能も向上して、充電切れをあまり気にしなくても良くなりました。そして、スマートフォンから先には様々なシステムと接続されています。通話をするにも、無線回線に接続され、交換機を通じで世界とつながり、音声データを交換します。音声認識以前の記事)では、サービスを提供するサーバへ音声データを送付し、該当率が高い文字列が返ってきます。クラウドサービスを使用していれば必要なデータやファイルにいつでもアクセスできます。

 

 キャンプ経験がある人ならば電気が無くても生活ができることを知っています。日が暮れる前に、寝る場所を確保するためにテントを張り、火を起こして薪に火を移して、夕飯の調理を始めます。寒い夜でも、焚火を囲んで作り立ての暖かい食事をいただき、少しお酒があればほろ酔い気分です。満天の星空の下で星との対話ができれば更に最高です。まさに古代の人々の生活です。そのため、薪や木炭などの熱源の入手し、スイッチでオン・オフできる電気やガスコンロと違って火の番を続けなければなりません。現代のキャンプ場には、電灯があり、コンセントから電気が取れ、温泉やシャワー室が常備され、携帯の電波も届いて快適です。

 人間は電気がなくても生きていけますが、現代の便利さを享受するためには電気が必要となります。東日本大震災(2011年 3月 11日)において、福島第一原子力発電所の事故もあり、大規模停電そして計画停電が起きました。まだ寒い日が続き、電気以外の暖炉が求められ、ガスコンロ等で調理をする必要がありました。様々な電化製品が使用できなくなり、特に記憶にあるのは水洗トイレが止まり、自動で水が流れず、水を酌んで便器に流さなければなりませんでした。日本の電源構成は、震災前は原子力が30%を占めていましたが、2014年には一度ゼロとなり、LNG (Liquefied Natural Gas: 液化天然ガス)の割合が増えてきました。水力、地熱及び新エネルギー(太陽光、風力を含む)の割合は、2010年の9.7%から2015年には14.3%に増加してきています。

 

 地球上において、生命そして人間は電気なしでも生き抜いてこれました。人類が電気を使い始めたのはそんなに昔ではありません。地球から出てみれば、超真空である宇宙空間で生き抜くには、宇宙船が必要であり、宇宙船は電力がなければ動けません。アポロ13号事故(以前の記事)で印象的な言葉に"Power is everything.(電力が全て)"との名言があります。宇宙船を動かすにも電力がなければ何もできません。宇宙飛行士を地球へ帰還させるため、生命維持を最低限にして船内が低温になるまで、節電しなければなりませんでした。宇宙では電力の枯渇が直ぐに死に繋がります。アポロ時代には原子力電池(RTG: Radioisotope Thermoelectric Generator)も使用できましたが、今日では燃料電池(Fuel Cell)や太陽光発電(Photovoltaic Power Generation)・蓄電池(Storage Battery)が必須となります。

 電力系統に異常が発生すれば、大規模な事故に発展しかねません。アポロ13号事故、福島第一原子力発電所の事故も電力喪失が波及しました。1963年にパンアメリカン航空214便が落雷を受けて墜落した事故も起きています。電力系統に異常が発生した場合、宇宙飛行士は船内の照明が消えていたことによって、故障箇所を特定できるように訓練を受けています。早急に別の電力系統から必須な機器(Critical Components)の給電を切り替えることによって、大規模な事故に発展することを防止できます。

 

 電気とは何でしょうか? 電流(Electricity)は正極(プラスは和製英語。英語ではpositive)から負極(マイナスは和製英語。英語ではnegative)へ流れることを教わります。実際には電子(Electron)が負極から正極へ流れていきます。通常の電力系設計では電線上に電気が流れるようにしています。一般のコンセント(和製英語。英語はoutlet, socket)では、二つの差し込み口があり、右から出て左から戻るように流れます(家庭用は交流であるため、流れる方向は周期的に変わります)。自動車では、負極を車体に接続して、正極から電線を通って流れて車体を通じて戻ってきます。電線は一本で良いことになります。飛行機や宇宙機の電気設計では、正極から電線を通って負荷に給電して、必ず電線を通って負極へ戻す設計となっています(電線は二本必要)。

 電線の途中が損傷を受けて漏電が生じていると、人間は感電して、体の一部に電気が流れて衝撃を受けます。最悪な場合として電流が心臓を通過すると心停止などで死亡、電流の流出入部の皮膚が剥離したり、末梢神経が破壊されることもあります。電気事故を防止するため、使用する電力の大きさに応じて電線の太さを決めたり、漏電(leak)や短絡(short)を防ぐために回路遮断器が設置されます。回路遮断器として、ひと昔前ならば過大な電流が流れると溶けて破断するヒューズ(fuse)が用いられていました。そのため、切れたヒューズは交換しなければなりませんでした。ブレーカー(breaker)ならば規定以上の電流が流れるとスイッチを切られます。短絡ならば、ブレーカーが飛んだとしても瞬間的に回路へ大きなエネルギーが付加され、破壊される可能性もあります。焼き付いて火災が発生しているかもしれません。

 電源ケーブルを抜き差しする場合も安全を確保する必要があります。ハザード制御(以前の記事)において感電もハザードの一つとして識別され、感電を封じ込めなければなりません。クルーの人命に影響が及ぶため、2故障許容(TFT: Two-Fault Tolerant)の手法が取られます。2つの故障が起きても事故に波及しないように、3重の防護柵を設けます。単純にはケーブルを抜き差しする上流に独立した3つのスイッチをオフします。実際には、先ず設計において電力供給(上流)側をソケットにします。家庭用コンセントのようにピン等が出ていなければ、接触によってショートが起きることはありません。2つ目はもし電流が流れても人が感電しない電力レベルに抑えます。最後の砦は上流のスイッチをオフとします。一般的には1故障許容かもしれません。いちいちブレーカーをオフにしてから電源ケーブルを抜き差ししていません。

 

 機械と生命の違いは電力の面から考察しても明らかです。機械が故障したり、暴走したならば、迷わずに電源を切ります。電力が断たれれば機械は停止します。コンピュータが動かなくなったり、異常を示せば、一度電源を切って再起動を図ります。機械がどのような人を超えた動きをし、複雑の処理が行えたとしても、機械を動かすか、止めるかは人の判断によります。暴走した機械が電源を遮断されないために人間と戦うというとSFの世界です。プロ棋士に勝ったアルファ碁が一対戦で使用する電気代は数百万円になるとの試算もあります。それに対してプロ棋士は数千円のお弁当でしょうか。

 日常の生活にこれだけ機械が導入され、システムとして組み込まれてしまえば、システムが停止すれば混乱がさけられないです。システムの安全装置が故障すれば被害が拡大することは間違いありません。福島第一原発事故の教訓も踏まえて、どんな事態に至っても非常用電源の確保は不可欠です。停電などで商業用電源が失われても、最低限の機能は維持できるように自家発用電源・非常用蓄電器の整備も必要かもしれません。

 その反面として、電力供給が不安定となっていても生存できる環境を整え、人間の能力を取り戻すことも重要かもしれません。シェールガス(Shale Gas)が産出できる技術革新を伴ってアメリカが最大の産油国となり、原油価格も低下したままとなっています。エネルギー供給も有り余っている印象があります。しかしながら、今日のように大量の化石燃料を採掘し続けることができるか疑いを抱きます。自然エネルギーの供給が増加しなければ、化石燃料の価格高騰、電気料金の急上昇そして電力供給量が激減することになります。

 

 ネットワークに常時接続されている人間が理想ではないと思います。電気がない生活というと難しく考えてしまいますが、たまには完全にオフラインとなってキャンプへ行ってみれば、もしもの時の生活技術を習得できるかもしれません。

 

Solar-powered plane went round the world flight

奥深くには神の手が宿っているのか?【ランダム】

 乱数(Random Numbers)というと誤った数と受け取れますが、数学では「0から9までの数字がそれぞれ同じ確率で現われるように並べられた数」と定義されます。乱数を眺めていると完全に無秩序のように見えますが、それぞれの数の出現回数を比較すると同じとなります。

 確率論でも例として取り上げられますが、サイコロを転がして出る数は乱数と同様にランダムです。次に何が出るかわかりませんが、百回、千回、一万回とサイコロを振る回数を増やしていくと、各目の出現回数は均等となります。サイコロの重心をずらして特定の目が出やすいようになっていれば、イカサマなサイコロです。

 この正しいランダム性というのは社会においても重要な意味を占めます。例えば、世論調査の方法として電話によるRDD(Random Digit Dialing)方式が採用され、乱数から電話番号を決定して電話をかけ、応答した相手に質問を行う方式です。均一に質問して代表的な意見を集計すれば、国民全員に対して質問をしなくても精度の高い回答を得ることができます。

 ただし、対象者は均一すなわち完全に無秩序である必要があります。ひと昔前ならば、各家庭に固定電話が普及していました。現在では、若い人ほど固定電話を持たないし、仕事を持っていれば平日の昼間に電話に出ることは難しいかもしれません。そのため、世論調査の結果が年齢が高い人々の意見に偏ってしまいます。世界的に事前の世論調査が選挙結果と外れてきているのは、そんなランダム性が崩れていることに原因があるのかもしれません。

 

 乱数を用いてシミュレーションや数値計算を行なう手法の総称をモンテカルロ法 (Monte Carlo Method)と呼んでいます。モンテカルロは、モナコ公国の北東部の地区名で、地中海に面する観光・保養地であり、国営カジノで有名です。F1(Formula 1)レースのコースとしても知られています。モンテカルロ法がギャンブルに対する確率の測定にも利用できることから名付けられました。

 モンテカルロ法で円周率を求める例題が判りやすいかもしれません。一辺 1メートルの正方形に半径 0.5メートルの円を描きます。正方形上の乱数によって指定された点が円の中に入るか入らないかを記録していきます。評価する点を増やしていくと約0.785の割合で円に入ってきます。したがって、円の面積は0.785平方メートルと見積もられ、円周率×半径の二乗ですから0.785÷0.5÷0.5で3.14と円周率を概算できます。

 シミュレーション(以前の記事)の例として、ボールを投げて遠くに飛ばすことを考えます。最も遠くに飛ばすことを目的関数とすれば最適化問題以前の記事)となります。投げ出す速度を一定とすれば、投げ出す角度によって飛距離が変わってきます。重力しか働かないとして微分方程式を解けば45度が最も飛ぶことになりますが、実際には空気の抵抗もあります。更にボールに回転を加えたらどうなるでしょうか? 速度・角度・回転を乱数によって変化させて記録を取って評価すれば、最も遠くに飛ばす方法を知ることができます。実際の問題は更に複雑であり、良いと思っていたことが最良でないことも多いです。

 

 ランダム性を用いて真実を知る方法もあります。デリケートな質問Sに対する回答を統計的に得るため、回答者にコイン投げをしてもらい、表が出れば質問Sに正しく答えてもらい、裏が出れば実害の無い質問T(例: 電話番号の末尾の数字は偶数)に正しく答えてもらうように依頼します。回答者がどちらの質問に答えたかはわからないようにします。質問Sが正である割合 π、質問Tが正である割合 λ(既知)、回答が正である割合 pとすれば、π+λ=2pが成立するため、π=2p-λによってデリケートな質問Sに対する割合が推定されます。

 事象を1つずつ追うだけでなく、複数の結果を統計的に観察することによって、1つの事象では分からなかった真実が見えてきます。アインシュタイン(Albert Einstein)は、統計的法則が決定論的法則にとって代わるということを当初受け入れず、「神はサイコロを振らない」との名言を残しています。ドイツの物理学者ハイゼンベルク(Werner Karl Heisenberg)が提唱した不確定性原理(Uncertainty Principle)は、量子力学の基礎的原理として、位置と運動量、時間とエネルギーのような関係のある一組の物理量を同時に正確に決めることは不可能であり、それらは確率的に与えられることを示しています。

 現代では、原子や分子の振る舞いのみを対象とせず、人の行動も個々で評価するだけでなく、集団の振る舞いとして統計的に評価して、無秩序とも見える中からある規則を読み取ろうとしています。ポルツマン(Ludwig Boltzmann)が導き出した熱力学の第二法則は、高温から低温への熱の移動は不可逆で、その逆の変化をおこすためには外からエネルギーを与えなければならないを示しています。熱現象は不可逆性であり、エントロピー(Entropy)の増大の原理とも呼ばれています。エントロピーは無秩序の程度を示しており、整理整頓された部屋も時間と共に散らかってくることにも適用できる原理です。

 

 ガウス(Carl Friedrich Gauss) は、応用数学において大きな業績を残しており(高等数学の教科書にも多く登場してきます)、測定誤差についての確率法則も研究していました。多くのデータを収集して分析すると正規分布(Normal Distribution)に従います(中心極限定理)。正規分布は、ガウス分布とも呼ばれており、グラフに描くと平均のところが最も高い左右相称の釣鐘型を呈する分布です。正規分布は平均値とバラつきを示す標準偏差(Standard Deviation)で表すことができます。標準偏差にはギリシャ文字のσ (sigma, シグマ)が用いられます。

 実際には入手できるデータには限りがあり、ランダムに全範囲に渡ってサンプルデータが収集できていれば、その統計的結果の信頼度が上がります。その信頼度を確かめる解析手法に「カイ二乗検定(chi-square test)」があり、データから求められた分散(Variance: 標準偏差の二乗)が真の分散からどの程度異なるかを示すことができます。通常変数には「x」が用いられますが、「x」の代わりにギリシャ文字の「χ (chi, カイ)」を用いたため、「カイ二乗検定」という名前がつけられました。すなわち、サンプルデータの分布が正規分布に従っているかを評価しています。

 正規分布の確率事象ならば、平均値±標準偏差の範囲に68.2%、平均値±2倍の標準偏差(2σ)の範囲に95.4%の事象が出現します。20回に1度程度を外すくらいの精度ならば2σで評価すれば良いです。品質管理で用いられる6σ(Six Sigma)ならば、100万個生産した場合の不良品が3個ないし4個というレベルになります。

 

 ランダムと思えていた中から真理が読み取れたり、無秩序とも思えるカオスの状態で秩序が生まれたり、奥に潜む事象は読み解いてみないとわからないことがあります。

 

Tokyo & Japan from the ISS


参考文献

  1. 人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?―――最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質
  2. 統計学とは何か ―偶然を生かす (ちくま学芸文庫)
  3. 統計学が最強の学問である
  4. 確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力