読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チーム・マネジメント

チームマネジメント、人間-機械システム、そしてヒューマンファクターズを考える

目標達成のためにフィードバックを活用する 【フィードバック】

 制御工学で重要な設計手法として、フィードバック(Feedback: 帰還)設計があります(以前の記事)。フィードバックとは、システムにおいて出力の一部を入力側に戻して出力を調整することです。教育や指導において、訓練を受けた後に行動してもらい、その結果をみて行動を補正させることもフィードバックと呼んでいます。通常の業務においても、指導的な立場からフィードバックを受けることもあります。

 フィードバック制御では、ネガティブ・フィードバック(Negative Feedback: 負帰還)で構成されます。目標値と制御量(実際の値)を比較して、制御量が目標値に近づくように、その誤差(フィードバック信号)を逆の属性で入力側に戻します。すなわち、制御量が目標値よりも大きければ入力を絞り、制御量が目標値よりも小さければ入力を増加させます。ネガティブ・フィードバックでは、目標値に近づき、その後に目標値に維持することができるため、安定したシステムとなります。

 それに対してポジティブ・フィードバック(Positive Feedback: 正帰還)では、出力が増加した分に応じて入力も増加させて、更に出力を増幅させます。振動が徐々に大きくなる共振を引き起こすため、不安定なシステムとなり、制御方式としてポジティブ・フィードバックはあまり取り入れられません。ポジティブ・フィードバックが用いられているのは、電波を生成する発振器などです。例として、地球環境はポジティブ・フィードバックとなっており、温暖化が進めば水蒸気が増加し、更に気温が上昇して、暴走する可能性があります。逆に寒冷化が進めば、地表が雪や氷で覆われて宇宙へ熱を反射するため、氷河期が進行します。

 人間でも目標すなわち予測した結果を得るために行動をしています。望んだ成果が出せないとすれば、ネガティブ・フィードバックを効かせて行動を変える必要があります。自己でフィードバック方法を身につけていれば、自ら補正して行動を正すことができるかもしれません。そのような高みに到達していなければ、コーチや上司など指導的な立場からフィードバックを受けて、行動を修正する必要があります。

 相手の行動を変えるためには、コミュニケーション・会話によって改善点を伝えなければなりません。ただし、ネガティブだけで改善点だけ伝えても、人間には感情もあるので負の側面は素直に受け入れてくれないかもしれません。雑談で雰囲気を和ませたり、良い面も指摘したうえで、改善点を具体的に丁寧に伝える必要があります。

 それに対してポジティブ・フィードバックは、次の次元に進み、高い目標値を達成するために活用できると思います。ただし、ポジティブ・フィードバックを継続しただけでは、限界に達したり、無理な目標で規則を破って、常軌を逸してしまうかもしれません。現在広まっている成果主義の弊害を表しているようです。

 人間の行動におけるフィードバックの仕組みとは、PDCA(Plan, Do, Check and Action)のサイクルでも表すことができます。PDCAサイクルは、品質管理で有名なデミング博士が提唱し、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)を繰り返して、Action(改善)の結果を次のサイクルのPlan(計画)へ反映させることです。PDCAには様々な提言がされていますが、私の個人的な意見として、最初にPlanから始まる(計画ができないと行動しない)こと、DoとActionの違いが明確でないため、制御的な単語に置き換えてPDCA(Predict, Drive, Confirm and Adjust) すなわち Predict(予測)、Drive(進行)、Confirm(確認)、Adjust(調整)のサイクルと読み替えた方が理解しやすいです。

 他のメンバーに仕事を任せるには、委任(Delegation)の方法が重要になります。仕事のやり方や手段について細々と指示する委任もありますが、仕事の成果に焦点を当てたほうが委任による効果が高いです。一つひとつの行動を確認せず、大きなフィードバック機構として、目標とする成果に対して現状を評価して、改善するプロセスを構成すべきです。それには、達成すべき成果、守るべきガイドライン(Guideline)、使用できるリソース(Resource)を明確にしておく必要がありそうです。

 フィードバック機構があれば、目標に向けて進んでいき、絶え間なくフィードバックを受けて修正して、必ず目的地に到着することができます。

 

feedback-loop


参考文献

  1. ソフト・マネジメントスキル―こころをつかむ部下指導法
  2. 生命の星の条件を探る
  3. 7つの習慣-成功には原則があった!
  4. 第8の習慣 「効果」から「偉大」へ
  5. 鬼速PDCA

前向きな姿勢、上を向いて 感謝を忘れず 【感謝】

 深刻なニュース、批判的なニュース、消沈させるニュースが飛び交い、我々の気持ちも暗くなりがちですが、だからこそ意識して前向きな気持ちを心掛けないといけません。色々な人達の発言を聞いていると、望んでいる/いないに関わらず、自分が考えていることが実現してしまいます。希望が実現するならば嬉しいことですが、無意識に抱いている悲観的な思いが現実になってしまえば手遅れです。
 これほど技術が発達して、知識が最も重要に思えても、人間の考え方や感情は私たちが思っている以上に将来へ影響を与えています。悲観的な考え方や感情を内に秘めているだけで、その思いが言葉として そして 態度として現れ、悲観的な結果を生み出します。自らの感情をコントロールする術(すべ)を身につけること、意識することが大切になってきます(以前の記事)。
 前向きといっても、ただの楽観とは違うのかもしれません。現状のように不確実性が高い時代では、楽観だけで思ったようになることは少ないです。ただの楽観では、その後に期待に裏切られて、真っ逆さに落ちて悲観的になってしまいます。目の前に壁があっても、自分たちの力で乗り換えられると確信して、壁に小さな突起を見つけて掴んでも登り、高みを目指するが本当の前向きな姿勢かもしれません。
 チーム活動においても否定的な気持ちを持ちこまないように、自分の言動に注意が必要です。日本語には「ありがとう」という澄んだ綺麗な言葉があります。「ありがとう」という感謝の気持ちを忘れなければ、間違いはないかもしれません。痛烈な批判に曝されても、自分のために指摘してくれるのだと受け取れば、前向きな関係が維持できます。リーダーならば、フォロアーが意見を申し出てくれるならば、感謝して受け入れるべきでしょう。もし自己防衛のために批判に対して反論してしまっては、その後に問題が起きた時に誰も提言してくれず、重大な事件や事故に繋がるかもしれません。
 私も経験がありますが、忙しい時に良く考えないで、その場のみの対応をしてしまい、その後失敗したと思ったことがあります。目の前の作業に追われながら、メンバーから相談を受けたとき、耳で聞いて回答していました。でも、頭と手は作業を続けてしまいました。逆の立場であったらどう感じるでしょうか? その反省から、意見を頂いたり、指摘を受ける時は、意識して自分の姿勢を正して、相手の方に向いて話を聞くことを心がけています。
 「人々は変化に抵抗するのではなく、変化されることに抵抗する」と言われますが、自ら選んだことならば変化を受け入れやすいかもしれません。知識は重要と思いますが、常時ネットワークに接続されているならば、少し調べればわかる知識の価値は小さくなってきました。とにかく知識を暗記する時代から、正しい考え方や正しい習慣を身につけることが貴重になってきているのではないでしょうか。

 

ISS046-E-35820

 

参考文献

  1. 7つの習慣-成功には原則があった!
  2. ビジョナリーカンパニー4 自分の意志で偉大になる
  3. クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法
  4. パイロットが空から学んだ一番大切なこと

 

地球上の人類以外に知的生命体は実在するか? 【ドレイク方程式】

 無限大な宇宙において、人類以外の知的生命体(宇宙人)は実在するのだろうか? 知的生命体を探索するプロジェクトは進行中であり、様々な研究者も知的生命体が存在することを主張しています。最近では、地球(Earth)以外にも生命が生存できる可能性がある天体(Habitable Planet)が発見されています。

 しかしながら、これまでの調査結果が示すように、他の知的生命体を発見することは容易ではありません。どのくらい困難であるかを明示しているドレイク方程式(Drake Equation)があります。ドレイク方程式は、アメリカ天文学者のフランク・ドレイク(Frank Drake)によって考案され、銀河系(The Galaxy)にどのくらいの知的生命体が分布しているのかを推定する式です。知的生命体の数(N)は以下のように表されます。1961年当時の推定では「10」と算出されました。

 N = R* × fs × fp × ne × fl × fi × fc × L

  R*: 銀河系で1年間に誕生する恒星の数
  fs: その恒星が生命生存可能である確率
  fp: その恒星が惑星系を持つ確率
  ne: その惑星系のなかで生命が生存可能な環境を持つ惑星の数
  fl: その惑星に生命が発生する確率
  fi: その生命が知的生命体に進化する確率
  fc: その知的生命体が通信信号を放つ技術を得る確率
  L : その技術文明の存続期間

 当初のドレイク方程式について批判がなされ、見直しが進められています。銀河系において、内部は銀河中心からのガンマ線超新星爆発の影響で生命には適さず、最外部には重元素が少ないために生命には適していません。銀河系で生命生存できる領域は10%ほどであり、生命生存できる領域に1年間に誕生する恒星の数(R*)は1.25個となります。更に、ドレイクが当初提唱した方程式にfs(その恒星が生命生存可能である確率)を加えて、10億年以上の寿命を持つ恒星かつX線が強くない恒星とするとfsは30%となります。
 生命が生存可能な環境を持つ惑星の数neについて当初は2つとしていました。太陽系を考察してみれば、金星(Venus)は太陽に近すぎたためか90気圧の95%二酸化炭素から構成される大気に覆われて灼熱の大地、火星(Mars)は地球質量の10分の1であるためか大気が薄く気温が低いです。現状では地球のみが生存可能な環境を持っていると言えます。そして、岩石惑星を生む惑星系の確率50%を考慮するとneは0.5となります。
 知的生命体に進化する確率fiは、数値で推定するのは困難であり、当初は1%としていました。我々が知っていることは地球においてfiは100%であり、最近の研究では10%を用いられます。通信信号を放っ技術を得る確率fcは、当初は1%としていましたが、知的生命体ならば必ず発明するために100%と考えられます。
 ドレイク方程式に各係数の数値を当てはめて簡略化すると、N = 0.0094×Lと表されます。ドレイクと同様に技術文明が1万年に渡って存続するとすると、知的生命体の数(N)は「94」となります。銀河系において、人類を含む知的生命体は90以上となり、多いような気もするし、少ないような気もします。

 

 イタリア人のマルコーニ(Guglielmo Marconi)が、1895年に無線電信機を発明して、1901年に大西洋横断無線電信実験に成功しています。 地球において人類が初めての知的生命体とすると、通信信号を放つ技術文明としては115年あまりしか経過していないことになります。もし銀河系で人類しか知的生命体がいないとすると(N=1)、我々の技術文明は約106年と逆算されることになります。それが意味するところは、他に知的生命体がいないとすれば、通信信号を放つ技術文明は1万年どころか、数百年で消滅するとも解釈できます。
 恒星間の距離を考えても、太陽に近いケンタウルス座α星で4.5光年、銀河系の直径は約10万光年にもなります。電波が光速で伝わるとしても、近くても数年間、遠ければ数万年の歳月が必要となります。技術文明の存続期間が短いとすれば、同時期に知的生命体が存在してお互いを確認することは難しいです。
 地球上においても、太陽が赤色巨星となって地球が飲み込まれる40億年後、それ以前におよそ10億年後には太陽放射が増大して地球の環境が暴走温室状態になり、生命は生存できなくなります。10億年に渡って現在の人類文明が維持されていれば、地球外の知的生命体を確認できるでしょう。それ以前に核の乱用や気候変動(温暖化を含む)で滅んでしまったら、それでも地球に生命が生存可能な環境が維持され又は復帰できれば、地球上に新たな知的生命体が誕生するかもしれません。

 

 人類が電波を実用して115年という期間では、地球外の知的生命体を発見できなくても、当然であるとも考えられます。地球外の知的生命体を発見できなければ、技術文明の存続期間が短いことが証明されると認識すれば、知的生命体を探索するプロジェクトを応援したくなります。

 

f:id:fujihisa:20161002220406j:image

Credit: NASA


参考文献

  1. アストロバイオロジー―地球外生命体の可能性
  2. 生命の星の条件を探る
  3. 私たちは宇宙から見られている? 「地球外生命」探求の最前線